ドローン操縦で「丁寧さ」をどれだけ意識していますか?

ドローン講習
今週は火曜日、水曜日の2日間にて、DJI CAMPの実技試験に向けた強化研修会というものを行いました。

今回で2回目の開催となりますが、受講者様の成長が感じられる講習になっています。

この講習は私がDJIインストラクターの試験を受けるまでに行った練習方法を皆さんにやっていただき、どういう効果が得られるのかを実験したかったという欲から始まっていますが、受講者様の操縦技術がしっかり上達しているのが教える側から見て実感できています。

まず今まで見てきて思うのが、ほとんどの方がスティックさばきに対してあまり丁寧さを重視していないということです。

DJI製のドローンはGPSやセンサー類がしっかりしているので、雑に扱ってもかなり安定した状態で飛ばすことが出来てしまいます。

しかし、それが普通になってしまうと、例えば飛行中にGPSが切れたりした際、焦り+オーバーなスティックさばきにより、予想外の方向に飛んで墜落させてしまうということが起こる可能性があります。
(実際に身近でそのような事例をよく聞いています。)

車の運転でも、ハンドルの回し方やブレーキの踏み方に対して丁寧な扱いをしなければ、乗りご心地の悪い乱暴な運転になります。

まず丁寧な操縦をした方が、動きがカッコイイですし、外から見ても余裕があって安心できます。

講習内容は修行のような練習の繰り返しで楽しいものではないかもしれませんが、特に初心者の方は1日来ていただくだけで必ず上達が感じられると思います。

次回は9月下旬〜10月にやる予定ですので、初心者の方はぜひご参加いただければと思います。

youtube

関連記事

  1. thumb_iwamoto
  2. sakura
  3. pic
  4. IMG_0057
  5. newsevery
  6. youtube
facebookpage_shokai_iexec

CATEGORIES

PAGE TOP